風俗店 成功への道!「攻防」

こんにちは。シモチです。
ちょっと前に春だなーって思っていましたがもうジメジメが始まりましたね。恐怖の夏が近づいています。みなさま熱中症にはお気を付けください。
さてみなさま本日もお待ちかねシモチのコラムのお時間ですよー。
前回に引き続き壮大なテーマ成功への道 第三弾「攻防」をお送りいたします。

風俗店成功への道 サクセスストーリーⅢ

前回までのサクセスストーリーⅠでは1号店を必死の思いで立ち上げて、ようやくどうにか軌道に乗せ、さらにその成功に甘んじることなく2号店・3号店を作っていきキャスト募集も効果を上げ、連動して売上も上がる。グループメリットを十分に生かして利益もどんどん上がり、知名度も上がってきます。
グループはどんどん成長しまさに無双状態。

サクセスストーリーⅡではようやく立ち上がって拡大期を迎え、スタッフが育ちスタッフのみんなにお任せできることで安定期を迎えます。そうしてようやくオーナーもホッと肩をなでおろしたころ忍び寄る「穴」スタッフの造反が起きてしまいます
あの手この手といろんな手法で私腹を肥やそうとしてしまう人の性がお店を狂わせてしまうのでした。

順風満帆・無双状態の日々はつい最近だったはずなのにもう遠い過去のよう・・・
怒りや失望も多いことでしょう。
もちろん成長時期にもスタート時期にも同じような経験があったかもしれません。
でも安定期、人に任せたときに起こる「造反」はケタ違いに被害が大きいものです。
人を雇う、人を信頼するということの難しさでしょう。

暗転期に入ってしまったお店はなかなか復活できません。
もう一度リスタートする必要があるからです。

私のコラムでは暗転期に入らないためということについて書きたいと思います。
暗転期の原因は造反です。
意図せず悪事が成立してしまったのに味を占めたもの
日々のストレスなどで悪事を働いてしまうもの
初めから悪事を働こうとして入社したもの
いろんな理由があろうとも悪事・造反は人の心が起こすもの。ならば止める手立てはありません

では、この造反をなくせないのか・・・
いえいえあきらめるのはまだ早い!ですぞ

「そんな気にさせない」ということが一番重要だろうと私は考えます。

一つの方法としては「スタッフを増やす」です。
スタッフ同士が監視し合うことで、不正がやりづらくなります。
人心掌握がうまいスタッフがいて仮にみんなをコントロールして集団不正ということになってもやはり人の口に戸は立てられぬといいます。漏れ伝わるものでしょう。

しかしこれでは人件費がかかるばかりで現実的ではありません
それに不正防止のためではなくとも人は増やしたいものですし、そのように努めていることでしょう。


「そんな気にさせない」とはさてどういうことでしょうか。
われらFu-kakuが一役買いましょうw

たとえば「穴」で紹介した不正手口
LEVEL1:お金を不正に盗まれていた。
深夜の営業時間に発生した延長分をなかったことにしてお金を抜く。
本来は発生していない割引を、割引があったことにしてお金を抜く。
1本丸ごとなかったことにしてお金を抜く。
キャストへの報酬をごまかして差分のお金を抜く。
架空のスカウトを設定して求人で来た女性をスカウト扱いにしてスカウトバックを抜く。
など実際の犯行手口を挙げました

これらはその隙があったから行われたものになります。

Fu-kakuならこんな形になります。
案件を登録すると
キャストアプリを通じてキャストに伝わります。
ドライバーアプリを通じてドライバーに伝わります。
これらアプリを介さずに直接連絡が入るようなことがあると各スタッフに??が点灯します。

キャストの精算すると
キャストアプリを通じてキャストに伝わります。
ドライバーアプリを通じてキャストからの回収金額が表示されます。
これらアプリを介さずに直接連絡が入るようなことがあるとまた各スタッフに??が点灯します。

キャストの精算が終わって、ドライバーからお店への回収が終わった後に不正をすればいいではないか!
キャストのポイントが減ってしまうので、キャスト過去成績が変わってしまいキャストに??が点灯します。

割引をあとからつければキャストの成績・精算には影響がないのではないか!
設定した案件はすべてログとして残ります。
案件自体を変更することはできますが、減額をともなう変更があった時には目立つログとして残ります。
毎回深夜の時間になると割引が増えるな。この案件完了してから割引増えてるな。などがわかるようになります。
オーナーか店長など管理者の目に??が点灯します。

スカウトさんへの支払いをごまかすことで差額を抜けるじゃないか!
Fu-kakuではスカウトさん専用の明細書を作っています。
これを編集しようとするとキャストの精算を調整しないといけません。
Fu-kakuの明細表はスカウト界隈では有名です。
このフォーマットFu-kakuのやつだ!と。
余談ですがこのフォーマットで明細を出すお店は安心して付き合えるとスカウト界隈では好評のようですよw

架空のスカウトバックを設定することはできるじゃないか
スカウトには精算履歴があります。支払った・支払っていないということを管理するものです。
キャストには求人媒体から来たことを記録することができます。これで求人媒体の効果測定をしています。
面接予約時にバニラだったはずが、スカウトマンに変わってる。どうなってるんだろうか
誰かの目に??をつけることができます。

そう誰かの頭に点灯する??を集めると不正は見えてくるものです。
そして、この仕組みでお店が動くことで働くみんなに不正をしづらくします。


他にもケースごとに対策をご紹介
キャストに手を出される
キャストをほかの店に紹介した
キャスト情報が流出した
これらの不正には
キャスト情報をスタッフに触れさせないようにすることができます。
事務所の棚に履歴書入れておくと危ない時代です。
それならWeb上にいれて鍵をかけておきましょう。
閲覧した人はログとして残ります。また一覧表示されないのでコピペされる心配がありません

キャスト情報に簡単にアクセスできなければ、キャストへのアクセスも遠くなるものですね。

お客さん情報が流出した
お客さんのカード情報が流出した
これらの不正には
お客さん情報も一覧表示されないようになっています。
また電話番号情報は下4桁しか表示されていません。
さらにFu-kakuでは顧客情報などデータの一括エクスポート機能がありません。

1件1件コピペするならこれは致し方ありませんが被害は最小限に抑えられるでしょう。

このように
Fu-kakuではありとあらゆるところで不正防止の対策が多く施されています
それでもセキュリティが強すぎてつかいづらくては意味がありません
ギリギリのラインで使いやすさを優先した中で不正を防ぐということをテーマにユーザビリティの向上させています。

ここまでFu-kakuの自慢ばかりしてしまいましたが、
最も重要なこと
それは人件費をあげずに不正がしづらい空気感を作ることです。

空気感こそが大切だと思うんです。
「不正するなよ」って睨まれてたらギスギスした空気になってしまいますね。
疑心暗鬼でスタッフを潰してしまうなんて愚の骨頂。一番もったいないです。
このシステムが自然に定着していることで、不正を使用という心持ちにならない。
だから不正が起きない。
不正ができないとみんな肌で分かってるからだれも疑わない。
不穏な動きはすぐに察知して大事にならないうちに対処されていく。
そうやって闇がまだグレーのうちに処理されていけば、結果空気感はとても穏やかなままでいられることでしょう。
ハナから悪事を目的に入社したヤカラには、その空気感が辛くてすぐに辞めてしまうでしょう。
この職場環境こそが「造反」「悪意」との攻防にもっとも有効な槍であり盾なのではないでしょうか。

システムを導入することで
ミスを減らす
業務効率化を図る
人件費を抑える
キャストの信頼を得る
などなどいろんなメリットがありますが、私は何よりも職場環境を向上させることができる。これに勝る効能はないのではないかと考えているものでした。


いかがでしたでしょう
全3部作でお伝えした「風俗店成功への道 サクセスストーリー」
わたしがお店にいたころに経験したこと、Fu-kakuを販売するようになって経験したことなど実体験に基づいて書きました。
しもちの渾身の超大作!感想はX(Twitter)に書いてくれよな!w
というのは冗談ですが、なにか考えるきっかけになっていたら幸いなシモチでしたー

風俗店 成功への道!「穴」

こんにちは。シモチです。
もうすっかり春ですね。桜は散りましたが、すがすがしい季節が続いたら最高なのに。もう夏の足音が聞こえてきました。
さてみなさま本日もお待ちかねシモチのコラムのお時間ですよー。
前回に引き続き壮大なテーマ成功への道 第二弾「穴」をお送りいたします。

風俗店成功への道 サクセスストーリーⅡ

前回までのサクセスストーリーⅠでは1号店を必死の思いで立ち上げて、ようやくどうにか軌道に乗せることができました。
さらにその成功に甘んじることなく2号店・3号店を作っていくことで、キャスト募集も効果を上げ、連動して売上も上がる。グループメリットを十分に生かして利益もどんどん上がり、知名度も上がってきます。
まさに無双状態。飛ぶ鳥を落とす勢いを感じることでしょう。
いろんな広告代理店や他店のオーナーさんなどとも知り合いになり、他店さんからどう見られているのかなどが漏れ聞こえてきます。
あの苦しかった時期を振り返って感慨にふけることもあるでしょう。

拡大期に入ったグループは各店の管理・運営が肝になってきます。
もちろん百発百中ということはないでしょうが、新店舗を出店し成長が見込めるところは投資を継続する。不採算店舗は縮小をするなどの合理的経営判断が常に求められます。
またオーナーとしての器量も試される時期でもあります。小規模な事業所と大所帯ではオーナーのあるべき姿が違ってくるものです。

さまざまな問題が山積している中でも、この拡大期に最も重要な課題スタッフです。
拡大期に入りグループの規模が大きくなれななるほど優秀なスタッフがとても重要になります。
いや、優秀なスタッフさんに恵まれてようやく拡大期に入れたのかもしれません。
各店舗が多くの本数を消化し、たくさんの売上を上げてくると従業員の士気も上がり、あの店には負けまい!とグループ内のそれぞれの店舗が競い合いまた相乗効果を生みます。
失敗しないオーナーならここでスタッフにしっかりとした待遇を用意し、優秀な人材を確保します。
やる気・売上・実績に応じて相応の待遇をしっかりと用意する。これによりオーナーとの信頼関係が強まりさらなる売上が上がることでしょう。

そして各店が成長するなか、中核となる3本の柱(店舗)ができます。いくつか店舗はあるけれど、この3店舗はちょっとやそっとでは崩れないだけの知名度・売上を誇ることができれば、オーナーもいよいよ安心できるのではないでしょうか。
ここいらを安定期と銘打ちましょう。少し厳しいですかね。
私もこの立場に立ったことが無いのでどのような景色か見てみたいものです。
安定期に入ると中核3本柱の店長を中心にお店を任せ、オーナーも現場に出ることが減ってくるのではないでしょうか。

順風満帆の安定期。だからこそなのか知らずの間に落とし穴が忍び寄ってきます。暗転期の始まりです。
お店運営に携わっている方ならこのリスクは織り込み済みでしょう。
落とし穴の正体はそう「信頼していたスタッフの造反」これが一番のリスクです。
・待遇を出し渋った。
・安定期に店長たちと強固な絆を築けなかった。
・成長期からのスタッフとの待遇条件を見直さなかった。
・築いたつもりだったのにほころびを見逃いしていた。
・スタッフの根に持つ悪を見破れなかった。

などなどいろんな理由はあるにせよ、すべてはオーナーの責任になってしまいますね。

このスタッフの造反によって暗転期→転落期と一気に加速してしまったお店を目にしたことがあります。
業界が長い方だとあそこのことかな?といくつか頭に浮かぶのではないでしょうか。
造反の質が悪いと歯止めがかけられずに一気に崩壊ということも起きてしまうくらい重大かつ最重要注意事項です。

ではどんな造反があるのか。これまでの事例を少し紹介。
LEVEL1:お金を不正に盗まれていた。
このお金の不正問題はほとんどのお店で経験があると思います。
具体的には
深夜の営業時間に発生した延長分をなかったことにしてお金を抜く。
本来は発生していない割引を、割引があったことにしてお金を抜く。
1本丸ごとなかったことにしてお金を抜く。
キャストへの報酬をごまかして差分のお金を抜く。
架空のスカウトを設定して求人で来た女性をスカウト扱いにしてスカウトバックを抜く。
などがありました。

LEVEL2:スタッフがキャストに手を出していた。
俗にいう風紀違反ですね。これもほどんどのお店で経験があると思います。
男女のサガですからわからなくはないですが、ハナからそいうことが目的で入店しているスタッフがいるのもまた事実。
これの困ったことは有力キャストがこの対象にされてしまうことが多いという点です。
管理してもなかなか心の問題なので管理しきれないという側面もありますね。
酷いお店だとオーナーまでやっているパターンも。こうなってくると成長は見込めません。

LEVEL3:キャストをほかのお店に紹介していた。
別のお店に紹介してスカウトバックをもらっていた。たまに聞きますね。
辞めたいと言ってくるキャストや不採用キャストを別のお店なら稼げると言葉巧みに他店へ誘導。
他店からスカウトバックをもらうという手法です。
お店の利益にしてくれれば優秀な行為かもしれませんが、個人的に抜かれてしまうとただの横領ですね。
悪質なケースだと十分に売れているキャストにそのような行為を行うパターンです。
スカウトバックですから稼げるキャストを紹介したほうが実入りも多いですから心理はわからなくないですが・・・

LEVEL4:顧客情報・キャスト情報を盗まれて売られる。
かなりタチが悪いですが、規模の大小はあれどこれもあるあるです。
名簿屋に横流しをし詐欺に利用されるというようなことも起きています。
風俗店利用者の名簿は他業種と比較しても異質。価値があるのも納得です。
流通量も多いのでどれほどの価格になるのかは謎ですが切羽詰まったスタッフさんはやってしまうのかもしれませんね。
情報流出は犯人特定がされずらいという点がメリットです。

LEVEL5:キャストとスタッフとお客さんを丸ごと盗んで別店舗を立ち上げる。
相当に悪質ですが、造反スタッフが新店舗を出してしまうなんていう大それた事件ですら年に1回くらいの頻度で聞きます。
ここまでくるともう管理不足というしかありませんが、現場店長に権限を与えすぎたことであたかも自分がこのお店を作ったと勘違いしてしまいます。
その思いからもっと待遇があるべきだという心理になり、造反を計画してしまいます。
こちらが発生するともうお店は崩壊間違いなしということになります。

いろんな造反がありますね。
これらの不正に目を光らせているばかりでは疑心暗鬼になってしまい、やはり成長が見込めません。

ではどうすればこういった造反を最小限に防げるのか?
造反との奮闘ストーリー「攻防」は次回コラムに書かせていただきたいと思います。

次回「奮闘ストーリー攻防」来週も絶対見てくれよなwというわけでこうご期待。シモチでしたー
 

風俗店 成功への道!「序」

こんにちは。シモチです。
もう少しで春ですね。待ち遠しい限りです。
みなさまお待ちかねシモチのコラムのお時間ですよー。
今日はなんとも壮大なテーマとタイトルに選びました。
長くなってしまうのでシリーズものでいきますw

風俗店成功への道 サクセスストーリー

風俗店はお金・キャスト・お客様の3拍子揃って運営が可能です。当たり前ですね。
しかしながらこの3つがすべてそろってお店をスタートできることはまずありません。そこで皆様苦労して苦労して、耐えに耐え抜いてこの3つを手にしていくわけです。
OPENから軌道に乗るまでには
お金をかけてキャストを集め、そのキャストを売り出すことで何とかお客様を集めていく。
キャストはいるがお金はないから広告費を削減し地道にSNSだけで展開し、入った収入をどんどん広告費に入れていく。
お客様はいるとなれば、キャストをSNSで一生懸命集めて、掛け持ちでも働いてもらう、そこから実績を作ってキャストに定着してもらう。
などなどの状況に応じて産みの苦しみがあります。

しかしこれらはあくまでも産みの苦しみ。オーナーとスタッフ一人の涙のサクセスストーリー「序」なわけです。
ようやく産みの苦しみを超えたお店は初めて成功へのスタートラインに立てたと言えるでしょう。
ここからお店を大きくしていく必要があります。より強固に安定した経営基盤を気づくために確固たるブランドを作ることが大切です。
○○という店名を出すだけで誰もが知っている。
たくさんお客さん入るから稼げる。
クオリティの高いキャストがいる。
安価でコスパが最高。
などの有名店を目指していくわけです。

産みの苦しみ「序」を仮にOPEN期としましょう。
OPEN期の後半になってくると稼ぎ頭のキャストが数名出てきます。それに呼応する形でVIP客も増えてきます。こうなれば新人キャストが入店すると一気にVIP客に案内する。お店と客・キャストの間でWinWinWinの関係が出来上がってきます。
こうなればまずは一安心。オーナーもホッと一息つけることでしょう。
ではこの時期を安定期とでも命名します。

安定期を迎え初期投資を回収し、単月黒字化を実現すると、OPEN前に夢見たサクセスストーリーもゆっくりとですが具現化して見えてきます。当然スタッフの負担を減らすために人件費をかけ、広告出稿を増やしますからコストは上がりますが、安定期ならではの安定投資を行えば十分に成長を続けられます。

安定期後半、オーナーは次なるお店の検討に入ります。当然です。多くのお店を抱え多くの利益を上げる。それが多くのスタッフへの貢献であり、しいては自分へ返ってくるわけです。そしてこの行動こそが有名ブランド店への第一歩でもあります。ということでここを拡大期と名付けましょう。

拡大期では今のお店のコンセプトでは拾いきれないマーケットを開拓します。それは場所を変えるのか、キャストの年齢層を変えるのか、キャストのクオリティに差をつけるのか、同じキャストでコンセプト違いの店を作るのか・・・方法は様々です。これらを複合的に組み合わせて進めることが多いようです。
2号店は1号店の資金・キャスト・お客様のすべてもしくはいずれかを流用できることが多く、産みの苦しみはかなり軽減されます。
2号店をOPENさせ、1号店よりは早くOPEN期を乗り越えることができれば3店舗目もすぐに見えてきます。こうなればイケイケどんどん、お店を増やしていくことでしょう。
コストを各店で案分できて利益率がどんどん上がっていきます。ブランド価値も上がっていき気づけば業界でも一目置かれる存在になっているかも。

こうして成功を迎えた・・・つもりになってしまうと必ず足をすくわれます!
そこには産みの苦しみ「序」から苦難を乗り越えようやくたどり着いた拡大期、夢にまで見た栄光の日々はまだまだ遠かったのです。
いくつものお店を出店したオーナーに必ず訪れる恐怖の転落ストーリー「穴」があるのです。
この避けられない転落ストーリー「穴」は次回コラムに書かせていただきたいと思います。

次回「転落ストーリー穴」来週も絶対見てくれよなwというわけでこうご期待。

女の子のモチベーション爆上げ新機能 売り上げ直結新機能作っちゃいました!

こんにちは。久々の登場シモチです。
お待たせしすぎたかもしれませんw
ということで本日は新機能のご紹介をさせていただきます!

女の子のモチベーション爆上げ新機能 売り上げ直結新機能 作っちゃいました!
とウソだろというタイトルをつけちゃいましたが上がったハードル超えて御覧に入れちゃいますwww

お店さんの最大の悩みと言ってもいいことだと思いますが
・せっかく入店してくれた女の子がなかなか出勤してくれない。
・出勤してくれれば仕事があるのに・・・
・どうやらほかのお店も掛け持ちしてるみたいだ。
・接客をもう少し頑張ってほしい

などなど女の子の悩みは尽きないですね

そんなお悩み一発解決!!とは大げさかもしれませんが
風俗革命では女の子のモチベーションアップに直結する新機能を開発しました!

その名も
「女の子ポイントシステム」
女の子の頑張りをポイント化
毎月の集計を表示して、モチベーションアップを狙うものです。


たとえば1か月間の間に
100ポイント達成したら1万円ボーナス
200ポイント達成したら1本あたりのバックを500円UP
などポイント達成時の報酬を設け女の子に周知します。

本指名や延長など接客を頑張ることで追加売上を上げてくれた女の子にポイントを付与
頑張って出勤を多くしてくれたらポイント付与
いつもよりプラス1記事、写メ日記を上げてくれたらポイント付与
という形で女の子の頑張ったシーンでポイントをつけていきます。

そしてこのポイントはキャストアプリにもリアルタイムで表示
女の子は自分のポイントを確認します。
そこで「わたしあと10ポイントでボーナス\GETだぁ!」となれば
月末別のお店行く予定だったけどこっちのお店に出勤しよ!
このお客さん気に入ってくれてそうだし延長交渉してみよ!
あのお客さんに営業掛けたら本指名できてくれそう!
あっあと写メ日記は忘れずにもう1件投稿っと!

           と
こんなことがリアルに現実にガチで起きてきます。

さらにテクニック
このボーナス部分をダンジョン感覚で細かく設定したら、ゲーム感覚でクリアしていく楽しみも増えます。
またキャストランク設定に反映させることや、店内ランキングなどにも使えます。

とうぜん女の子モチベーションは爆上げ
お客様への接客態度の向上につながり、結果としてリピーターとなりお店の売上アップも間違いありません。


こんな機能あったらつかわにゃ損損
風俗革命なら通常料金の中でご利用いただけます!


実際にご利用店舗様の声
こういうポイント機能を待っていた
女の子のプラスαの頑張りを引き出せた
今まではおとなしかった女の子、これを機に頑張ってくれる子が出現してうれしい
ボーナス制度を求人に書いて他店に差をつけられている


いいえ、いっさい盛っていませんよw
実際に売り上げが上がったというお声を耳にしております。
やっぱりこんな機能あったらつかわにゃ損損ですね

ぜひお問合せ下さーい

 

最近地方に呼んでいただけますw

2023年最後のコラム担当シモチです。
みなさまお待たせしすぎたかもしれません。

最近
風俗革命のへのお問合せの中でも地方のお客様から多くのお声がけをいただくことが増えました。
たびたび現地にも行かせていただきます。
多くのお客様にお声がけいただけていることはうれしく喜々としてお伺いしております!
たまに出張だから現地のうまいもん食って楽しいだろう!って言われますがそんなことはないんです。
せっかく行くからにはお客様のところでびっしり操作説明・サポート業務を行います。
そのあとは、ホテルで缶詰め。遅れている作業をこなすんです・・・実は出張は過酷なんですw

話がそれましたが、2023年前半ごろから地方からの問い合わせが多くなった印象です。
時期はたまたまだと思いますが、これまでは東京・千葉・埼玉・神奈川の首都圏と大阪・名古屋といったエリアがメインでした。
それが2023年に入って福岡・仙台・札幌など各地の大都市のほか、広島・沖縄・熊本・秋田・京都などなどいろんな都府県からお声がけいただくことが増えました。
ご契約に至らなかったお客様もいらっしゃいますが、首都圏からのお問合せも維持しつつとうれしい状況でした。
われわれ風俗革命の知名度が上がってきた。といことだったら一番うれしいことです。


風俗革命が担う役割って、お店にとっての核心部分なんです。
女性データの管理
案件の管理
スカウト集計
売上集計 etc
こんなに重要な部分なんですが、いろんなソフトで代用ができます。
エクセル・スプレッドシート・簡単な顧客管理、手書きなどなど
無料でできるものがあるなら、そこにコストをかけるくらいなら広告費にかける!というご判断でみなさん敬遠されてこられました。

経営としては正しいご判断だと思います。
売上が安定するまでは内部のことよりも集客・仕入を充実させるべき。ここに注力するべきです。
内部のわずらわしい業務はすべてマンパワーと笑顔で乗り切る!

ではどの程度で風俗革命のようなシステムを導入するべきなのか。
一般的なデリヘルの場合1日の本数が10本がラインだと私は思います。
1日10本やろうと思うと8人くらいの出勤が必要
→在籍数で30名前後ほしいという計算です。
在籍30名ラインはひとりのオーナーでできる女子管理の限界値だと思います。
案件・顧客・スカウト・広告など考えることが多岐にわたってきてついに漏れが露見します。
もちろんここにプロフェッショナルなスタッフさんが登場するとこの限りではありません。

そしてこれまではコロナ渦もあり首都圏以外のエリアではこのラインを超えることが難しかったのだと思います。
コロナも落ち着きをみせ、物価高だの給料が上がらないだのと不景気な話が目立っているのに、不思議なことに需要拡大は拡大しています。
風俗業界は徐々に盛り上がりを見せコロナ前をこえてきています。
こんな追い風を受けてこのラインを越えつつあるお店が増えてきたのが要因として挙げられるのだろうと思います。

またシステム化の必要性への認知が広がってきたということも大きいです。
コロナ前の媒体依存から、自店での囲い込み戦略にシフトしてきている。
他店がやってるあのサービス、ウチでもできないかなぁー
キャストアプリがあることで女性受けがいい、求人につながってきている
スカウトバックのしっかりとした明細が出せればスカウトマンからの信頼が上がる
などなど、システムの重要性・必要性をいろんな側面からとらえ、導入への舵を切ってくれるお店さんも増えました。

圧倒的一番店を打倒するべく多くのお店が検討しているんですね。
わたしども風俗革命を導入することでお店の飛躍につながり地域風俗業界の盛り上がりの一助になれたとしたらこの上ない幸せです。

お問合せお待ちしておりまーす!

本年は風俗革命にとっても大変大きな1年でした。
2023年本当にお世話になりありがとうございました。

2024年はさらなるサービス向上を目指して頑張ってまいります。
来年もどうぞよろしくおねがい申し上げます。

皆様もお体にお気をつけてよいお年をお迎えください

BACK TO TOP