ハッシュタグ検索ご存知でしたか?

ハッシュタグ(#)での検索は、各種SNSで普通に行われていますが、
実は普通のGoogle検索で、#タグ付きで検索すると、全SNSから検索できるようになっています。

これは日本の Google だけの機能ということです。

#○○ を含む投稿
クエリによっては、検索結果に「#○○ を含む投稿」というブロックが差し込まれ、
モバイル検索にも出てきます。

「もっと見る」をクリック/タップすると、そのクエリのハッシュタグが付いたコンテンツだけに絞り込んだ検索結果になります。
コンテンツは、大きなサムネイル画像とともにタイル状に並んでいます。

「#○○ を含む投稿」ブロックがウェブ検索に出ていなくても、クエリの先頭に「#」を付ければハッシュタグ付きの検索結果を能動的に表示できます。

ハッシュタグが付いたコンテンツを取得
ハッシュタグが付いているコンテンツであれば、動画、ソーシャル、記事を問わず取得してくるようです。
たとえば、次のようなサイトに投稿されたコンテンツがハッシュタグ付き検索結果に出てきます。

X
Instagram
Facebook
YouTube
TikTok
LINE
アメブロ
note
一般的なソーシャルメディアではハッシュタグは頻繁に使われています。
アメブロや note などのブログサービスでも標準機能としてハッシュタグを設定できます。

こうしたハッシュタグ付きのコンテンツを Google が自動で認識・取得しています。

WordPress 標準のタグでは拾われず、「#」が付いている必要があるようです。
タイトルやコンテンツに # が付いたワードを入れれば取得してもらえるか試してみると、
なんと、記事タイトル(title タグ)にハッシュタグが付いたワードを入れたら、ハッシュタグ検索に出てきました。


日本独自の機能か?
ハッシュタグ付き検索は米 Google では確認できませんでした。

ハッシュタグ付き検索自体は、数か月前から利用できているようです。
しかし、通常の検索結果に差し込まれるようになったのは最近です。

Google からのアナウンスも出ていないようです、
正式導入らしくはあるのですが、公式な発表が今後あるのかどうかもわかりません(特に日本独自であればなおさらですね)。

なんにせよ、ハッシュタグを上手に設定することで新たな検索流入を獲得できるかもしれません。

2024年6月までに対応しないとGmail(Yahoo!等)にメールが届かなくなります

2024年6月までになにも対策をしなければGmail(Yahoo!メール等も)にメールが届かなくなります

どのような場合でしょうか?
一括大量送信やメルマガ配信、独自ドメインの(一日の送信総数5000通以上が目安)などのメール送信者が対象で、送れなくなる可能性がある宛先が、Gmailアドレスということです。(ちなみにYahooメールも同様のガイドラインが発表されています)
受信者側でできることは、ほぼ無いです。

【2024年6月にGmailにメールが届かなくなる】ということの発端は、2023年10月にGoogleが『Gmail宛にメールを送信する際のガイドライン』を強化すると発表したことからになります。


主旨としては、『迷惑メールからGmailユーザーを守ろう』なので、メルマガなどの発信者や1日に5000通以上の配信を行うであろう、アカウント側が対策をする必要があります。
段階を追ってGmailユーザーへの迷惑メールへの配信規制がかかるスケジュールが

2024年2月1日から
1回目の対応で
一部の未対応者に対する一時的なエラー(Soft Bounce)のレスポンスが始まっており、

2024年4月1日から
2回目のガイドライン対応で、
徐々に迷惑メールの対策でガイドラインに沿っていないGmail宛てのメール(1日に5000通以上の配信者)は受信拒否をされ、

2024年6月1日から
3回目のガイドライン対応(最終)で
ガイドラインに沿っていないGmail宛てのメール(1日に5000通以上の配信者)は受信拒否をされるというスケジュールになっています。

受信者がやれることとしては、もし、いつも定期的に届いていたメールや、特定の送信者からメールが届かないことに気が付いたら、迷惑メールに大切なメールが入っていないか?確認していただき、送信者を迷惑メールではないと設定をしていただくことくらいになるかと思います。

メルマガの配信やお店アカウントでメールを配信されている方は、2024年6月までに以下の3つの対応必要であると言われています。

一日5000通以上の配信を行うメルマガ配信者や企業アカウントが2024年6月までにやらなければならない
3つの対応

SPF・DKIM・DMARCによるメール認証
ワンクリックの登録解除機能の実装
迷惑メール率0.1%未満に維持し、0.3%を超えないようにする
簡単に言うと、
「送信者は
 送信元ドメインの認証、
 迷惑メールの送信禁止、
 配信停止リンクの設置の3点を
 2024年6月にはしっかり守って送信しないと届かない」ということです。

言うまでもありませんが、風俗革命のシステムは対策済みとなります。


詳しく知りたい方は、
Googleの『メール送信者のガイドライン』をご覧ください。
よろしくお願いします。

 

最新トレンドWEB

最近おもしろいと思ったサイトがありましたので、ご紹介致します。
この春に渋谷に開業する遊び場・ゲーム空間をイメージして制作されたページです。
真っ白なページを指やマウスで撫でると隠された要素がスクラッチカードのように現れて、
スクロールして内容が見られる面白い仕掛けになっています。

こちら↓
https://www.404shibuya.tokyo/

一瞬NotFoundの文字が出て、エラーなのかな?と思いきや、さまざまなお遊びが隠れています。
このようなユーザーがなにかアクションを起こすことで成り立つサイトは、もちろんかなりの技術を要しますが、
特にこの業界でのサイトにおいて、キャスト写真やグラビア等で活かせるのは?と思っています。

続いて、Appleの商品紹介サイトでも使用されることも多いのですが、スクロールする度にいろんなアクション
があってついつい最後までスクロールしてしまう工夫がされています。

こちら↓
https://unikorns.agency/

ポーランドのデザイン会社のサイトですが、スクロールで流れるように場面が変わり、その場に応じてマウスポインタがクリック先によって変化します。内容もユニークで企業の楽しいイメージが伝わります。
リンクする部分をわざとわかりにくくして、間違い探しや謎解きのようなエンターテインメント性やユーモアな雰囲気を持たせたデザインは、この先増えてくるかもしれません。Webサイトのペルソナにあわせてうまく使い分けると独創的で口コミなどで話題になりやすいかもです。

さらに続いて、キャスト写真がメインであると言われても過言ではないこの業界で、このような見せ方もありなのかな?というサイトをご紹介します。

こちら
https://www.fujiya-peko.co.jp/cakebrand/

こちら↓
https://studiod.nu/en/

メイン動画がトリミングされたり、スクロールで画像が固定されたりして、表現の仕方がおもしろいです。

このように最新トレンド技術を常にアンテナをはって情報を取り入れています。
いくつかのサイトをご紹介させて頂きました。

新規でサイトを作成したい、現在のサイトをリニューアルしたい等、ありましたら、ぜひお問い合わせ下さいませ。
お待ちしています。

Google検索アルゴリズム大幅アップデート

Googleが先日、検索アルゴリズムを大幅に変更するという発表がされました。
2024年5月5日から、SEO対策の為だけのページは完全にSPAM扱いになります。
SEO対策の為だけに作成されたサイトは検索結果に表示されなくなっていきます。

まぁ、対応が遅すぎるくらいですが・・・
本当にユーザーが求める情報が検索しやすくなるのは良いことですね。

SEO業者はまた対応を求められるでしょうから、大変ですね。
単純にLP(ランディングページ)をつくるだけではどうしうようもなくなります。

要は、中身のある、意味のあるページを作っていかないとだめで、小細工が効かなくなるということです。

Googleは、2024年3月6日に、検索結果から低品質なスパムページを排除するということで、
検索ランキングシステムのアルゴリズムを強化すると同時に、スパムに関するポリシーを更新しました。
これは、「人間ではなくGoogle検索のために作られた低品質なページ」が上位に表示されないようにするための対策となります。

具体的には、以下の対策が講じられます。

アルゴリズムの強化
【自動生成コンテンツの検出】
人工知能(AI)を用いて、自動生成されたコンテンツをより精度の高い方法で検出します。
キーワード詰め対策: キーワードを過剰に詰め込んだコンテンツの評価を下げます。
【薄っぺらいコンテンツ対策】
内容の薄い、価値のないコンテンツの評価を下げます。
【リンクスキーム対策】
不自然なリンクの獲得を検出し、評価を下げます。

スパムポリシーの更新
【読者にとって有益なコンテンツ】
コンテンツは、読者にとって有益で、価値のあるものである必要があります。
【専門性と権威性】
コンテンツは、専門性と権威性のある情報源によって作成されている必要があります。
【信頼性】
コンテンツは、信頼できる情報に基づいている必要があります。
【透明性】
コンテンツの作成者や情報源が明確に示されている必要があります。
これらの対策で、ユーザーはより質の高い検索結果を得られるようになります。

低品質なページの対策
サイトオーナーは、以下の対策を行うことで、低品質なページが上位に表示されるのを防ぐことができます。

【ユーザーにとって有益なコンテンツを作成する】
コンテンツは、ユーザーにとって有益で、価値のあるものである必要があります。
【専門性と権威性を高める】
コンテンツは、専門性と権威性のある情報源によって作成されている必要があります。
【信頼性を高める】
コンテンツは、信頼できる情報に基づいている必要があります。
【透明性を高める】
コンテンツの作成者や情報源を明確に示す必要があります。
【SEO対策を見直す】
キーワード詰めや不自然なリンクの獲得など、スパム行為につながるSEO対策は避ける必要があります。

Googleは、検索結果から低品質なスパムページを排除するため、様々な対策を講じています。
サイトオーナーは、これらの対策を理解して、適切な対策を行うことで、低品質なページが上位に表示されるのを防ぐことができるということになります。
風俗革命では、Google更新情報をいつもアップデートし、お客様に不利益の無いよう対応させて頂いています。

 

メールにおける送信認証について

近年なりすましメールの被害が拡大しているとうことで、Googleは2024年2月から、送信者に対してメールを送信する際の条件(認証)を強化する発表がなされました。

お客様など、GmailやYahooメールなど、フリーのメールアドレスへ送信する全ての送信者は、
以下の対策が必要になってきます。

※送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)に対応すること
※メルマガなどのバルクメールは、ワンクリックで登録解除ができるリンクを設置すること。

上記の対策をしていない送信者はGmailやYahoo等のアドレスへ、迷惑メールに振り分けられるのではなく、
そもそもメールが届かなくなってしまいます。

もちろん、風俗革命では、上記の対策は済んでいますが、神奈川県の某学校で、Gmailを使用している受験者への重要なお知らせが、
一切届かなかったという事がありましたのは、記憶に新しいところです。

細かな事を言うと1日の受信数が5000通以下であればSPF又はDKIMの対応が必須、5000通以上であればSPFとDKIMの対応及びDMARCの設定が必須になります。

では、送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)とはいったいなんでしょうか?

SPF(エスピーエフ)
送信元メールサーバのIPアドレスで判別する仕組みです。
SPF(Sender Policy Framework)は、IPアドレスを利用して受信したメールの送信元が詐称されていないかどうかを確認します。具体的には、メール送信時に利用するサーバのIPアドレスなどを、送信者ドメインのDNSに「SPFレコード」として事前に登録します。受信側はメール受信時に、送信元サーバのIPアドレスを送信者ドメインのSPFレコードと照合し、なりすましかどうかを判断する仕組みです。

DKIM(ディーキム)
電子署名を付与してなりすましを検知仕組みです。
DKIM(DomainKeys Identified Mail)は、電子署名を利用してメール送信元が詐称されていないかどうかを確認します。送信側が送信するメールに電子署名を付与し、 受信側はそれをメール受信時に検証することで、なりすましやメールの改ざんを検知する仕組みです。

DMARC(ディーマーク)
認証失敗時の対応策を定義する仕組みです。
SPF、DKIMの認証結果を活用する仕組みとして注目されている技術がDMARC(Domain-based Message Authentication、Reporting and Conformance)です。これはSPFやDKIMと組み合わせて使う形になります(SPFやDKIMの認証結果を利用してなりすましかどうかを判別します)。更に送信側は、受信側の認証失敗時の推奨アクションをDNSに「DMARCポリシー」として記載し、受信側は認証失敗時にこのDMARCポリシーを参照して、受信メールをどう扱うか判断する仕組みです。

お問い合わせフォームやASPからの自動送信メールでの対策
では自社サイトのお問い合わせフォームやASPのサービスやECサイトなどからの送信メールなどの対策の場合
ASPのドメインのメールアドレスを使われている場合はホスト側が認証をしていれば問題はないのですが、別のドメインのメールアドレスを設定されている場合は、送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)を実施し、認証チェックを行う形がとられます。

WordPressでフォームを作っている場合の対策
WordPressで作ったサイトでプラグインのフォームからの送信がGmailに届かないということもよく聞かれます。WordPressの送信の仕組みはPHPのsendmailなので、送信ドメイン認証が必要です。Gmailユーザーが5000通以内だと送信ドメイン認証はSPFだけで良いので、メールアドレスのドメインのDNSサーバにSPFレコード(ドメインAの送信元IPアドレスは*******)の追加するだけで良いかもしれません。ただしDKIM、DMARCまで対応しないといけない場合は「WP Mail SMTP」など外部のプラグインを利用してDKIM、DMARCに対応する必要があります。

以上ざっと説明致しましたが、通常はここまで知る必要はありませんが、風俗革命の契約者様は、安心してご利用できるよう全て対応済みのシステムを用意しております。
 

BACK TO TOP