風俗革命の簡単ランキング機能

みなさん何かと「ランキング」が大好きですね。
「世界の3大料理」だとか「4大文明」だとかに始まり、もはやランク付けする意味に疑問符が付く様なことまでなんでもランキングです。このまま「職場のイケメンランキングに入らないとクビになる」世の中とかになったら私は生きて行けません。
弱肉強食です。
まあその前にAIツールなんかに仕事取られる可能性の方が高いですが。

もちろん風俗店サイトの「人気キャストランキング」や「本指が多かったランキング」なんかは、お客様がキャスト選びの参考にする重要な指標の一つです。
「このお店で遊びたいが、どんなキャストが人気なの?」とご新規のお客様が参考として利用したり、「今月人気だった子はどんな子だろう?」と常連様のきっかけになったり... etc.。
その意味では、風俗店サイトのランキングは重要な要素とも言えますね。言えないですかね。

さて、風俗革命でも勿論この「ランキング」についての機能は備えています。

特筆すべきはその操作のし易さです。
ランキング管理では人気の女性のランキング等を作成後、管理画面からドラッグ&ドロップで順位を簡単に入れ替えるだけで即座にHPに反映させる事が出来ます。キャストのランキングへの加入・解除もボタン一つで可能で、こちらもサイト側で特別な処理を行わなければ通常はすぐにサイトに反映されます。
ランキングの基準にはシステムは介入しないので、お店様がご自由に選んでランキングを作成することが可能です。
(くれぐれもご自身の「お気に入りキャストランキング」なんかにはしないように...)

ランキングが完全に「固定ページ」になっていたりすると、ランキングの変動が発生する度にデザイナーに画像発注したり、Webページを管理している会社に連絡して順番変えてもらったり...
風俗革命ではその様な煩わしさもありません(サイトの構成によります)。
お店のスタッフが管理画面から順番を入れ替えるだけです。

更にこのランキングシステムは、近々ポイントシステムとの連携など新たな機能を追加する予定もあるとか。

気になる風俗革命の「CTI/CMSシステムとしてのランキング」は...?
それは是非、実際に使ってみてご自身でジャッジしてください。

(因みにあんまり皆がChatGPTについて書くんで、それに言及しないといけない様な"空気"も感じますが、忙しい中でせっかく書いた駄文だし取り敢えず供養を兼ねて。てか文章力皆無な従業員に書かせるより、もういっそのことこのブログ記事もChatGPTに書いて貰えばいいのにw)

ホテル情報機能とホテルページ

風俗革命では、サイト運営に便利な「ホテル情報」をご用意しています。
これは、通常風俗サイトにある「ホテル情報ページ」で近隣のホテル情報などを表示させたい場合に利用したり、CTIにて案件情報(どこのホテルに派遣するか)として使うことが可能です。
今回はサイトに表示する「ホテル情報」としての有用性について一部お話しします。

風俗革命に登録されているホテル情報は、ホテル名称は当然のこと住所や電話番号、参考予算といった情報まで持たせる事が可能です。
これらは単にサイト上に表示させるだけでなく、ホテルの住所情報からマップアプリへのリンクを作成して一発でホテルの位置を分かる様にしたり、電話番号をリンク化してボタン一つでホテルへ電話が出来る様にしたりと、サイトでの使い方によってお客様をスムーズにホテルへご案内するツールに仕立て上げる事が可能になります。
これまで電話で口頭で説明・案内していた手間が、サイトに掲載した情報だけで完結し省かれます(これは風俗革命の機能というよりスマホの機能ですけどね)。

営業形態の種別を利用すれば、ホテル情報ページを「ホテルの種類」によって分けておき、お客様が目的のタイプのホテルを探しやすくする様にも出来ます。ラブホやビジホだけでなく、「たまにはシティホテルで」って時も探しやすくなりますね(お店が対応している前提ですよ勿論)。

更に、風俗革命に登録されているホテル情報は基本的には都内とその近郊(神奈川・千葉・埼玉等)をカバーしていますが、勿論大阪・名古屋等の大都市圏のホテルも登録されています。ホテルの住所も市町村単位で検索でき、東京都八丈島八丈町も分類されています(現時点ではホテルの登録はありませんが...)。
「うちの店舗の近くのホテルが無い」?
「うちが対応しているホテルが無い」?
そんな時もご安心ください。
風俗革命では、お店様のご要望により新たにホテル情報を追加することも可能なのです。
住所情報がある日本全国1都1道2府43県であれば、基本的にはどこでも登録可能です。

ただし、一度に表示するホテル情報の数には気をつけましょう。
「うちはどこでも出張します」と片っ端から都市部のホテルや他の都道府県のホテル情報を一度に表示させてしまうと、お客様もお目当てのホテル情報が探し難いですし、サイトの表示自体が重くなってしまいます。
「今から遊びたい」とホテル情報を探しに来たお客様が、ホテルページが重くて遅くてイライラ => 最悪「もういいや」と離脱して終了...になっては本末転倒ですからね。
そうならない為にも、表示させたいホテル情報は事前に絞っておくことをお勧めします(これはホテル情報ページに限った話ではありませんが)。

ちなみに風俗革命はWebブラウザCTI/CMSシステムですので、全国どこでも、どこからでもご利用可能です。

店休日設定機能について

風俗革命は店舗型から24時間店まで幅広く対応しているため、CTIには(今のところは)明確に店休日を考慮した機能はありませんが、
営業サイトや会員サイトで表示するための「店休日」機能はあります。

定休日であれば決まった間隔で制御すれば良いのですが、年末年始の一部期間だけといった場合やお店の事情等による一時的なお休みなどが発生する場合、
この機能を使うと便利なケースがあります。

予め決められた日付を登録しておく事でその日付のデータを取得できる様になるので、
表示上「店休日」は必ず出す様にしておけば、例えば間違って店休日にキャストのシフトを入れてしまってもお店の休みの日に人気のキャストに電話が殺到してしまう、という事態も防げます。

これはキャストスケジュール一覧などにも組み込むことが可能なので、
スケジュールページの日付ボタンのデザインを維持したまま(店休日だけ"歯抜け"にせずに)従来通り表示させ、
店休日の日付を選択すると「その日はお店がお休みです」とユーザーにお知らせしておくことも出来ます。
(特定の日以降誰もキャストの出勤が入っていない店舗を見ると、不安になる方もいらっしゃるでしょう)

そもそも「お店が休み」であることを告知したい店舗様は少ないので大して日の目を見る機能ではありませんが、
風俗革命が様々な店舗様のご要望にお応えし、「成長」しているシステムである事を示す一例とも言えるでしょう。

従業員の負担を軽減する風俗革命の機能(Webページ管理編)

CMSCTIを導入するのは勿論業務を"効率化"するためでもありますが、具体的にはどの様な業務が効率化出来るのでしょうか。
今回はWebページ管理機能の一部に絞ってお伝えします。

通常お店のWebページ管理では、キャストの並び替えやランキング・バナーの登録、ニュースやイベントの投稿といったものが必要です。
売り出したいキャストをTopに表示したり、ランキングの順位を毎週毎月入れ替えたり、ポータルサイトや系列店のバナーを貼ったり剥がしたり、お店のニュースやイベント情報を定期的に書いて投稿したり...。一口にWebページ管理などと言ってもやらなければならない事は多岐に渡り、その上それを怠れば「稼働していない店舗かも」などと思われ集客機会を逃してしまう。
ただでさえ面倒なWebページ管理をしながら電話対応や接客、果てはキャストの管理までしなければならないとなれば、特に少人数で運営しなければならない店舗では従業員の負担は増す一方です。

風俗革命ではそんな多忙な従業員の方々の業務を少しでも軽減出来る様、Webページ管理業務においても効率化が図られています。

例えばキャストの並び替え。
革命では、サイトの構成によりその日のスケジュール順は当然、「イチオシ」順や「即ヒメ」機能を利用すればその時間順に出来たり、キャストに設定された年齢や身長・カップといった項目による並べ替えも自動化する事が出来ます。
事前に特定のページで「イチオシのキャストを表示したい」といった場合や、「キャストの年齢やカップ順で表示させたい」「入店日が新しい新人から上位に表示させたい」といったケースにも柔軟に対応可能で、それらを最初に決めておけば管理画面から毎日更新作業を行う必要もありません。

お店の最新情報やイベント記事の投稿・管理においても、風俗革命にはカテゴリ機能に加え投稿日時を指定して公開を自動化したり、ボタン一つで簡単に記事を複製することも可能です。
時限性のイベントであれば期間を指定する事でその期間だけイベント記事を表示することも可能で、これを応用してイベント期間内だけのサイト内ページを作る、という使い方も出来ます。
これらを事前に公開順に登録しておくだけでその日のニュース・イベント記事公開の手間を省く事が出来、「記事は書いたが忙しくて公開するのを忘れていた」という事もありません。

風俗革命が提供するこれらの機能によりWebページ管理業務も大幅に効率化され、従業員の負担を軽減する事が可能です。お店の運用方法や使い方によっては、一部の管理業務についてもう少し踏み込んだ「半自動化」を達成する事も出来る可能性があります。

この時期は飲食店などの多くのサービス業同様、風俗産業に取っても繁忙期でしょう。しかしお店が忙しいからといって、従業員が大切な人と過ごす時間を無制限に削られる事があってはなりません。
世間様がお休みを満喫するこの時期に「クリスマスにも長時間働いている事を自慢する」様な目に遭わない為にも、是非風俗革命を導入して業務を効率化し、1分1秒でも大切な人との時間を増やしましょう。

BACK TO TOP