DAOとは何?

巷で、最近よくDAO DAOと耳にする機会が多い昨今、いったいどんな事なのでしょうか?
以下簡単に説明してみました。

DAO(Decentralized Autonomous Organization)とは、分散型アプリケーション(DApps)とブロックチェーン技術を組み合わせて実現される組織形態です。従来の中央集権的な企業や組織とは対照的に、多数の参加者がブロックチェーン上で自律的に決定を下すことにより運営されます。

DAOを運営するために必要な要素は以下の通りになります。

【スマートコントラクト】
DAOは、ブロックチェーン上に展開されたスマートコントラクトによって動作します。スマートコントラクトは、特定のルールに沿って自動的に契約書を実行するプログラムであり、参加者が取り決めた条件に基づいて意思決定や資金管理を行います。

【トークン】
DAOは、トークンを発行することによって、参加者を識別し、投票権や配当金の支払いなどを可能にします。トークンは、一般的にブロックチェーン上に記録され、参加者は個人の財布に保管することができます。

【投票システム】
参加者は、トークンを持っている場合に限り、スマートコントラクトによって実行される投票に参加することができます。投票では、参加者が決定を下す前に複数の選択肢や提案内容についてディスカッションを行うことができます。

DAOは、分散型アプリケーションの一形態であり、主に暗号通貨(仮想通貨)の分散取引所や資金調達プラットフォームなどで使用されています。例えば、配当金の支払いや新しいプロジェクトへの投資決定など、さまざまな意思決定を自律的に行うことが可能です。

ただし、DAOはまだ新しいテクノロジーであるため、問題が多く存在します。最も大きな問題は、スマートコントラクトのバグによって発生した盗難事件があったことです。この事件では、DAOのスマートコントラクトに深刻な欠陥があったため、攻撃者が何百万ドル単位の暗号通貨を盗み出すことができました。この事件から、DAOはスマートコントラクトのセキュリティに関する問題や、意思決定に関する問題などが浮き彫りになっています。

その後、DAOの発展に向けた改善策が検討されてきました。例えば、「DAO Stack」と呼ばれる技術が開発され、より使いやすくセキュアなDAOの作成や運営を可能にするようになっています。また、分散型の信用格付機関や監査業務を行うDAOも登場しています。

総じて、DAOは新しい組織形態であり、スマートコントラクトやブロックチェーン技術を活用することで、従来の中央集権的な組織とは異なるメリットを持つことができます。しかし、まだまだ改善の余地があり、将来的にはさらに多くの問題や課題に対処していく必要があるでしょう。

以上超簡単に説明してみました。

KDDIのメタバースサービス「αU」サービス開始

KDDIは3月7日、新しいメタバース・Web3サービスとして「αU(アルファユー)」の提供を開始しましたね。
KDDI Digital Twin for Allというコンセプトで、全てのものをデジタルツインで実現するという取り組みを進めているらしい。
デジタルツインとは、リアルの世界で収集したデータを使ってバーチャルの世界でシミュレーションして、そのシミュレーション結果をリアルの世界に適用させることによって、リアルの世界をよりよくしていこうというもの。

コンシューマービジネスでは「リアルとバーチャルを自由に行き来する世界になっていく」と予想しています。

若い方たちの生活を考えると、例えば友達同士で位置情報を常時共有していたり、つなぎっぱなしの『リモート同棲』を楽しんでいたりしています。実はこれが、デジタルツインのコンシューマーサービスを作るための基本的な考えで、リアルの世界とバーチャルの世界の線引きはもうないと思っています。

そのような考えのもと始めるのが「αU」らしい。コンセプトは「もう、ひとつの世界。」「もう、ひとつの」は「もう1つ別の」という意味ではなく、「既に1つの」という意味とのこと。

通信業界を振り返ると、3Gの世界はWeb1.0でした。このとき初めてモバイルインターネットが始まり、KDDIではEZWeb、ドコモではiモードが始まりました。4GはWeb2.0の世界といわれていて、スマートフォンが浸透し、動画配信などがどんどん拡大していきました。そして5GはWeb3.0時代。KDDIは、この時代はメタバースが重要なキーになるという考えのもと、αUを提供するとのことです。

実際のサービス内容は、αUでは、まず5つのサービスを提供されるとのこと。
中心となるのは「αU metaverse」です。バーチャル空間に再現された渋谷や大阪の街を舞台に、アーティストによる音楽ライブや、利用者同士での会話を楽しむことができ、さまざまなコミュニティーに参加できます。ユーザーはアバターとなって、音声でコミュニケーションできるのが特徴で、より自然な会話ができるようにこだわったとのこと。

αU metaverseでは、バーや居酒屋、カフェといったスペースに集まってコミュニケーションが可能で、カラオケを楽しむこともできるという。音楽ライブや著名人のトークライブ、クリエイターの展覧会なども開催されるようです。
さらに街とは別に用意された自分の部屋(マイルーム)は、家具や購入したNFTアイテムなどで飾って自分らしさを表現できるようです。

2つ目は「αU place」。これはデジタルツインでショッピングが体験できるものとのことで、リアルの店舗や商品をバーチャル上に再現し、ユーザーは現実の街で買い物するのと同様に、αU place内を散策し、店舗に自由に入店することができる。ビデオ通話で店舗スタッフから商品説明も受けられます。

そして「αU wallet」で、購入したNFTや売買に使用する暗号資産の管理が可能になります。将来的には、複数のメタバース間を行き来するIDとして重要な役割を担うことになるとのことです。
「αU live」は、現実では体験できないような特別な演出が楽しめる次世代のライブ体験サービスとのことで、360度・自由視点映像で視聴できます。アーティストと会場をバーチャル空間に再現し、バーチャルヒューマン、リアルで活動するアーティスト問わず、さまざまなライブが楽しめます。これはGoogleとの技術連携で実現されているとのことです。

当初はこの5つのサービスでαUはスタートするとのことで、今後はWeb3時代の新しいプラットフォーム上で、新しい経済圏が広がっていくようなイメージになると思っています。
αUはオープンでグローバルなメタバースを目指しているらしく、Google CloudとWPP、ANNINがパートナーになるとのことです。
Google Cloudとは、最新のクラウド技術とYouTubeの活用で、新感覚のライブ体験を共同創出するみたいです。

この先botみたいなものがバーチャル空間に存在して、そこにChatGPTみたいなものが搭載されると、bot自体が人間性を持てると思っていて、それに加えてジェネレーティブAIを活用すると、全ての言語を話せるバーチャルアバターが出現して、グローバル展開時に活躍すると思います。これはすごい事ですよね?
3月8日から12日にかけて東京・渋谷でαUの各サービスを体験できる「αU spring week 2023」が開催されみたいで、「Hz Shibuya」ではサービスを実際に体験できるとともに、注目のクリエイターによる特別展示も行われるらしい。「渋谷 ZERO GATE」では、昔私が実際使っていた携帯「INFOBAR」の作者である、深澤直人氏がデザインした「METAVERSE WATCH concept」が3D映像で展示されているので、合わせて見に行ってこようと思っています。

 

AIについて・・・続き

今回もAIについて考察します。
人工知能(AI)の進化が新たな段階に入った事を前回お伝えしました。
米新興OpenAIが開発した「ChatGPT(チャットGPT)」は、質問に巧みに回答する高度な対話能力を備えており、世界に衝撃を与えています。米Microsoftは検索エンジンにオープンAIの技術を導入し、米Googleも独自の対話AIの公開に踏み切りました。
これが前回のおさらいです。

人のコミュニケーションの根幹である言語や創造性の領域に進出し始めたAIは今後どんな恩恵や脅威をもたらすと思いますか?

米Microsoftが自社の検索「Bing(ビング)」に、ChatGPTを強化した機能を組みました。
色々使ってみて、確かに有益な使い方はありますが、事実と反するものや陰謀論に近い回答も多くて、精度面で改善の余地はまだまだ大きいと思われます。

検索シェア首位のGoogleは「信頼性」を高める方向へ動いています。シェア数%の「Bing(ビング)」は、短期的に伸びてもGoogleの牙城を崩すほどのインパクトはないと思います。

さて、実際の個々では、検索で見つかりやすい「SEO(検索エンジン最適化)」の状況を通じ、現状の検索傾向があります。
「答えが出にくい」といった対話の方が適している検索タイプはまだごく一部です。
特定のサイトを見るためなど、多くは従来型の検索で対応できます。対話検索のニーズはまだそこまで大きくないと思われます。

Googleも対話AI機能を搭載する計画ですが「Bing(ビング)」ほど対話に力を入れないと思っています。
検索結果に応じて出す広告収入はGoogle社の屋台骨なので、自らエコシステムを破壊するとは考えにくいと思われます。
事実、検索では20年近くどこもGoogleの牙城を崩せなかったですよね。
ブラウザー(Chrome)など基盤を押さえているし、人の習慣はそう簡単に変わらないと思います。

一方で、近年Googleがサイトに遷移しなくても情報を得られる「ゼロクリック」を進化させてきたのも事実です。
GoogleMapで店のレビューを確認したり、検索結果ページ上でネット通販の商品比較や「富士山の高さ」といった問いの回答が見られたりします。必要と判断した情報のみ自動で示す方向性は、対話型の検索も同じ傾向です。
苦労して作ったサイトがAIの学習対象にはなる。ただ、人にアクセスされにくいとなると情報発信の価値は落ちます。サイト内広告から収益を得ることでネットの情報は拡大してきたのに、今後無料で見られる情報が増えにくくなるかもしれない不安材料があります。

対話型の検索に適した広告の出し方は今はまだ答えが見えていません。従来型より広告へのアクセスを増やすのは難しく、広告市場は一定のマイナスの影響を受けるかと思います。

対話AIを使えば広告目的で大量のページを機械的に作れる。ただ、こうした乱造コンテンツは現在もGoogleの検索では表示されにくいです。中長期で検索結果が「汚染」される可能性は低いと思われます。

今回はここまで。
またなにか情報発信・考察を書いていきます。

Google検索は「Bard」チャットボットを追加

OpenAIのChatGPTチャットボットの人気を受けてGoogleをとMicrosoftが対話型AI機能を発表しましたね。
最近、チャットボットであるOpenAIのChartGPTが凄まじい人気になっているのをご存知ですか?

ChatGPTは、多くの言語に対応しているほか、これまでのような定型的なチャットボットではなく、人間と会話しているような感覚で利用することができるんです。

さらにChatGPTの優秀な一面として、プログラミングなども書いてくれます。

例えば、「おしゃれなかっこいいデザインのレスポンシブルHtmlのコードを書いて」
と質問すると、AIが勝手にコードを書いて返答をしてくれます。

Googleも負けじと、チャットボット「Bard」を発表しました。
Bardは、Googleの対話型アプリケーション用モデル(LaMDA)を利用した実践的な対話型AIサービスとなっていて、
近日中にリリースされる予定のようです。

Googleの説明では、「世界中の幅広い知識と、大規模な言語モデルの力、知性、創造性を組み合わせている」としていて、高品質な応答を提供するという文言から、まさにChatGPTが行っていることであると報じられています。

Googleによると「Bard」は、LaMDA AIの軽量バージョンとしてリリースされていて、計算能力をそれほど要求しないため、拡張性に優れていると説明しています。

近い将来、Google検索へ組み込まれる予定であるとのことです。

すごいですね!いつものようにGoogle Chromeを開いて任意の検索ワードを入れて、検索してさらに目的サイトまでアクセスしていた動作が、例えば「都内で美味しい味噌ラーメン屋さん教えて」と検索するとリスト化してその場で文字にして返答が返ってくるようになります。
ChatGPTでは
「東京にはたくさんの美味しい味噌ラーメン屋があります。特におすすめのものとしては、「吉祥寺駅前本家」、「味の素創業店」、「味噌らーめん 八のマル」などがあります。また、自分のお気に入りのラーメン屋も見つかるかもしれませんので、色々と探してみてください。」
と返答が返ってきましたw

Microsoftも先日開催したイベントにてBing検索エンジンとEdgeブラウザにAIツールを追加することを発表し、公式にChatGPTでOpenAIと連携していることを発表しましたね。

ChatGPTを強化するAIテクノロジーのアップデートがBingとEdgeに搭載されるようです。

今後のBingでは、メールの作成や雑学クイズの作成、就職面接の準備など様々な作業を実行することができるようです。

Edgeでは、レポートの要約や需要な情報の提供、企業と製品の比較プロンプトが表示された場合のコンテンツ作成もできるようです。

Microsoftの説明によると、利用しているOpenAIモデルはChatGPTよりも強力であり、検索用にカスタマイズすることでより早く、より正確に、より有能になるのとのことです。

ChatGPT機能を備えたBing検索エンジンはすでに利用可能となっていますが、プレビュー容量は限られているようです。

ユーザーは、Bing Webサイトでサンプルリクエストを追加し、実行まで待機リストとして待たされるます。

そのあたり、Microsoftらしいといえばらしいですが・・・w

Microsoftは、ここ数週間で拡大する予定で、モバイルエクスペリエンスもまもなくプレビュー版をリリースするようです。

2023年はまさにAIシステム元年となり、風俗革命もAIとの融合で強力なアップデートを企画したいところです。
 

CDNとは?

風俗革命では、AWS(アマゾンサーバ)でのCDN、「Cloud Front」 を利用しております。
CDNっていったい何?と思われている方もいらっしゃいますので、詳しく説明させて頂きます。

※CDNとは何か?
「Content Delivery Network」(コンテンツデリバリーネットワーク)の略称を「CDN」と呼びます。
これは、Webコンテンツが効率的に、かつ迅速にユーザーに配信されるよう工夫されたネットワークシステムのことです。
昨今では、ネット環境を利用するユーザーが急増していることに加え、インターネットに流れているWebコンテンツが大容量化しており、ネットワークに対する負荷がかなり高くなっているという現状があります。
このような問題解決のために構築されたシステムを、CDNといいます。

※AWSのCloudFrontとは何?
「Amazon Web Services」の略書をAWSといい、この用語はクラウド型のWebサービスに対する呼称となっています。
この用語から連想されるとおり、AWSは大手通販サイトである「Amazon」が管理していて、企業が必要とするコンピューターリソースを提供しています。また、様々な事業においての運用面のサポートを行っています。

※エッジサーバって何?
エッジサーバーとは、実際にユーザー様がWEBページを開いている拠点に近い側のコンピューターのことを指します。
エッジサーバーは、世界約100か所に設置されています。また、全てのエッジサーバー間で同じ内容が同期されるため、ユーザー様が国外へ移動等した場合にも安定してスムーズなコンテンツ閲覧が可能といったメリットがあります。

※オリジンサーバって何?
別名「キャッシュサーバー」と呼ばれており、デバイス等からデータ発生した箇所に近い部分にて処理されるサーバーのことをいいます。
オリジンを和訳すると「おおもとの」といった意味になります。その意味のとおり、オリジナルのコンテンツがある元データを入れているサーバーといった意味合いになります。
通常コンテンツやアプリケーションのデータ配信等になりますが、一時的に利用者が増えて混雑した場合、「オリジンサーバーよりコンテンツ取得の機会を必要最低限に絞る」といった方法をとることにより、オリジンサーバーそのものに負荷を軽減する効果があります。

※AWSでのCDNの利用のメリットは?
すでにAWSの機能の一つであることにより、他のAWSサービスと連携しやすい点が挙げられます。
バックエンドとして指定する際、ロードバランサーの「ALB」、ストレージの「S3」等が選択できます。すでにAWSを利用中であれば、CDNのサービスを利用することができます。

※キャッシュとオリジン
サービスを提供するサーバーがオリジンサーバーであり、キャッシュサーバーはCDNに該当します。キャッシュサーバーはオリジンサーバーよりあらかじめデータを取得しておき、保持します。
一般的に、DNSに登録された「ドメイン」に基づき、ユーザーはオリジンサーバーに接続しています。しかし、DNSの接続先ドメインそのものをキャッシュサーバーにすることにより、オリジンサーバーの負荷が軽減できるというメリットがあります。
Webサイト等にユーザーがアクセスする場合、オリジンサーバーではなくキャッシュサーバーが対応することで、サーバー負荷を減らせるといった効果があります。
流れとしては、DNSに基づいてCDNにアクセスした際に、キャッシュサーバーはあらかじめ保持しておいたオリジンサーバーの情報を戻す、といったシステムになっています。

※CDNはセキュリティ対策で防御に役立つ
「分散型サービス拒否攻撃」と訳されるDDoS攻撃というものがあります。特定のサービスに対し、大容量の要求を分散しながら送り付け、対象となるサーバーを負荷のかかった状態にし、サービスの提供を妨げるというものです。
CDNを利用することにより、キャッシュサーバーがオリジンサーバーの役割を果たし、DDoS攻撃を回避できるといったメリットがあります。
この「DDoS攻撃」は、情報処理推進機構(IPA)が掲げる「情報セキュリティ10大脅威」に含まれるほど代表的なサイバー攻撃であり、CDNシステム導入のメリットの1つになっています。

※AWSでのCDNの仕組み5つ
1:CDNからデータ送信ができる
CDNとは、一番近い場所にあるエッジサーバーからユーザーにデータ提供するシステムのことをいいます。CDNからデータ送信することで、よりユーザーに早くデータ提供できるといったメリットがあります。
また、他にも各種保護機能が組み込まれています。
2:コンテンツのキャッシュができる
通常は一時的な性質キャッシュで、高速のデータストレージレイヤーのことをいいます。コンテンツのキャッシュができることで、それより後に同質のデータリクエストが発現した際、より高速にデータ供給できるといったメリットがあります。
キャッシュのデータ保存場所は、一般的にはランダムアクセスメモリ(RAM)等の高速アクセスが可能なハードウェアになります。
キャッシュそのものの目的は、基盤であるストレージレイヤーにアクセスする頻度を減らすことにより、データ取得の際のパフォーマンス向上に役立てるといったことです。
3:ストリーミングデータの配信に対応している
WEBページの機能以外にも、動画や音声等のメディアストリーミングデータ配信に対応しているといった特徴があります。AWSでのCDNは、「Adobe Media Server」などの、複数の製品に対応しています。
ストリーミングのデータ処理のメリットについては、データ分析が洗練された形で行えること、またデータの中からより深いインサイトが抽出できるようになるといったことが挙げられます。
また、現状において人気のある動画を検出する際、減衰時間枠等のイベント処理アルゴリズムや複雑なストリームが適用されることで、充実したインサイトが届けられるといったメリットもあります。
4:ユーザーへコンテンツが配信できる
「Amazon CloudFrontAWS Elemental MediaStore」に保存してあるコンテンツが配信できる、といった特徴があります。
CDNは、ユーザーがリクエストしたコンテンツを一番レイテンシの低いエッジロケーションという場所へルーティングします。エッジロケーションにすでにコンテンツがキャッシュ済みであるならば、CDNシステムはコンテンツをすぐに配信します。
ただし、エッジロケーションに現在コンテンツがない場合は、CDNはオリジンより該当コンテンツを取得し、ユーザーへ配信します。
5:レポートの作成に使われる
AWSでのCDNの仕組みの一つとして、レポートの作成に使われるといった特徴があります。
キャッシュ統計レポートが利用できます。過去にさかのぼって60日間の1日、または1時間あたりにおける各ビューワーの使用状況、期間を選択したうえで合計の使用率、最大使用率、平均的な使用率が表示されます。
また、期間を指定したうえでの上位50位のキャッシュヒット回数、リクエスト回数、キャッシュミス回数、エラー率が表示される「人気オブジェクト」のレポート作成もできます。
さらに、エンドユーザーが所在する国、使用しているブラウザやデバイス、オペレーティングシステムまでもが表示される「ビューワーレポート」も作成可能です。
その他にも、「トップリファラーレポート」作成もできます。これは、末端のユーザーがどのドメインからWebサイトを参照したのかを確認できるものです。

出典:Amazon CloudFront のレポートと分析|AWS
参照:https://aws.amazon.com/jp/cloudfront/reporting/

※AWSのCloudFrontの利点4つ
1:高度なプログラムを組むことができる
AWSのCloudFrontの利点として、高度なプログラムを組める特徴があります。
ネイティブなAWSツールを利用することにより、現代におけるDevOps(開発と運用)、及び継続的インティグレーションであるCI/CD環境用のツール、ソフトウェア自動化インターフェイスとの統合サポートなど、高度なプログラムが組めるメリットがあります。

2:高速なグローバル化
世界中に配置されているキャッシュサーバーであるエッジロケーションにより、コンテンツがより早く効率的に配信されるCDNが実現できるという特徴があります。
Amazonバックボーンネットワークの「復元性が高い」という特徴を活用し、エンドユーザーにとって効果的なパフォーマンス・可能性が実現できます。

3:AWSサービスの統合ができる
「Amazon CloudFront」は、Amazon EC2、Amazon S3、Elastic Load Balancing(ELB)、AWS Elemental Media Services、Amazon Route 53などのAWSのサービスと密接に統合されています。
その関係で、各サービスとの連携が容易になるといったメリットがあります。
すべて同じ管理コンソールよりサービスにアクセスでき、CDNの全ての機能を各種サービスと連携設定して展開できます。

4:エッジでのセキュリティ
Amazon CloudFrontは、「ネットワークレベル・アプリケーションレベルの双方から保護される」という安全性が高い特徴があります。
「AWS Shield標準」といった様々な組み込み保護機能がありますが、トラフィックとアプリケーションを利用できるといったメリットがあります。
また、ACM(AWS Certificate Manager)といった設定可能な機能を利用することにより、カスタムSSL証明書を作成、管理することもできます。

いかがだったでしょうか?
こちらではいろいろな「なぜ?」を今後も発信できればと思っております。







 

BACK TO TOP