デザインする上で、システム的な制約が多すぎるのは困りものですね。

結論から言うと、風俗革命ではそのような事はほぼ起こり得ません。ほぼ、というのは、今後どんなSEO手法が登場するかはわからないので、表現に幅を持たせただけです(汗

「デザイン変更を依頼したら、システム側で固定されているので変更は出来ないと言われた。」
「SEO会社に作業を依頼したら、CMS側のシステム的制約が強すぎて不可能な作業が多すぎた。」

いずれもCMSあるあるのお話です。プログラマーとしては非常によく分かる話ではあるのですが、コストを支払っているお客様側からすれば、そんな理屈は知ったことではないというのもよくわかります。

CMSというのは、HTMLを全く知らない方でも自社のWeb更新が可能になるという点で、非常に時代にマッチしたシステムです。今の世の中、自社のWebすらない企業は消費者に見向きもされませんので、日々なにかしらの更新を行っていくことが非常に重要です。

ところで、CMSというのはシステム側でデザインが固定されているのが一般的です。CMSはプログラムで動的にHTMLを生成するので、ほぼ固定せざるをえないというのがその理由です。

なのですが、

風俗革命では、お客様の希望するデザインに合わせて都度プログラムを書いているので、デザインが固定されるということは基本的に起こり得ません。CMSという入れ物ありきでHTMLを書くという既存のCMSとは異なり、デザインありきでそのデザインをCMSに落とし込むというのが、風俗革命のコンセプトなのです。

弊社としては、同じデザインで色と柄だけ変えてサイトを量産するのが確かに楽ではあるのですが、そんなサイトを量産したところで消費者(この場合は、実際にお店を利用するユーザー様ですね)も馬鹿ではありませんので、「あれ?このデザインはどっかでみたな・・・」とすぐに気が付きます。
大事な大事な看板であるWebサイトにお金をかけないお店は、ユーザーからの信用を得ることが難しい世の中です。そんな目線でみたとき、同業他社のサイトのデザインをパクったようなページがユーザーからの評価を得られると思いますか?

話がちょっとずれてしまいました・・・。無尽蔵にコストを掛けられないという考えも理解はできますが、かけるべきところにはしっかりとお金をかける事は、商売をする上で非常に大事ですね。

Google品質評価ガイドラインが12月に更新されました。

E-A-Tに経験を加えたE-E-A-TがGoogle品質評価ガイドラインの2022年12月更新版で導入
 Google は、検索品質評価ガイドライン (General Guidelines) の更新版を公開しました。
2022 年 12 月 15 日の日付が入っています。
最新版の評価ガイドラインで最も注目すべき変更は E-E-A-T というコンセプトの導入です。

E-A-T に E を加えて E-E-A-T に
E-A-T とは、
Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)
の頭文字をとったものですが、
この E-A-T にもう 1 つ E を加えた E-E-A-T というコンセプトが新しい評価ガイドラインでは用いられています。
もう 1 つの E は Experience(経験)です。
読み方は「ダブル・イー・エー・ティー」です(そのまま「イー・イー・エー・ティー」と読んでも間違いではない)。

Experience とは
Experience とは、そのトピックに対する実体験や人生経験をガイドラインでは意味します。
たとえば次のようなものが経験に該当します。
製品を実際に使ったことがある
その場所に実際に訪れたことがある
体験談
WEBデザインのHTMLの書き方を探しているときには、コーディングの専門家が書いた解説を読みたいと思うでしょう。
一方で、写真加工ソフトの評判を知りたいなら、実際に使った人が書き込むレビューサイトを見たいと思うかもしれません。
このように、実体験が、高品質で役に立つコンテンツに求められる状況があるのです。

Trust は Experience/Expertise/Authoritativeness の上に成り立つ
細かな変更点に言及すると、Trustworthiness が Trust に変わりました。
意味は変わりません。
どちらも「信頼性」と解釈して問題ありません。
E-A-T のときは上下関係は特になく並列関係でした。
しかし Trust を、最も重要な要素に新しい評判ガイドラインは位置づけています。
Experience と Expertise、Authoritativeness の 3 要素の上に Trust が成り立ちます。
E-E-A-T を表すダイアグラム
どんなに経験があり専門的で権威性があるようにみえたとしても、信頼性に乏しいページは E-E-A-T が低いとみなされます。
たとえば、金融詐欺は信頼できません。
たとえ(金融詐欺について書いた記事の)著者が、非常に経験豊かで、金融詐欺の第一人者と目されているエキスパート詐欺師であったとしてもです。
経験と専門性、権威性はもとより、最終的には、信頼性があるかどうかが品質の判断には決定的に重要です。

今後もGoogleの重要な更新情報は積極的に取り入れ、風俗革命の顧客様に有益な情報を発信し続けたいと思います。
 

キャストアプリは大切

風俗革命ではキャストアプリを用意しています。
このアプリは女性自身のスマホにインストールをして、そこからさまざまな機能がご利用いただけます
・出勤を申請できる
・出勤を確認できる
・出勤できない日をお知らせすることができる
・お店からのメッセージを女性へ伝えることができる
・お店と女性のチャット機能
・お仕事情報をお知らせ
・プレイ開始ボタン
・自動10分前コール
・プレイ終了ボタン
・お客様とのチャット
・お客様のメモ登録
・写メ日記投稿
・精算確認
・精算履歴確認
・成績確認
などなど様々な機能があり、さらにいろいろなご要望をいただいておりますので、追加開発中です。

ただこのアプリ、いろいろな事情でご導入いただけないお客様も少なからずいらっしゃいます。
女性から出勤申請をさせたくない
出勤前に本日の予約状況を見せたくない
などのご意見をいただくことがあります。

ご事情は様々なのでご意見は確かにと思うところもありますが、風俗革命自体の導入にせよ、キャストアプリの導入にせよ
、導入しないという決断の背景にはネガティブな要素しかありません。
お客様のご意見ですし、無理に導入を進めてお店の中をぐちゃぐちゃにしてしまうのは元も子もありません。
が、どこかでポジティブシンキングに変えていくことで成長は訪れるのではないか、などと私は思うわけです。


なんでこんなことを言うかと申しますと、キャストアプリは実はとても重要な指標になるんです。
写メ日記なんかはいまでこそ当たり前のツールとなり女性も積極的にやってくれる人も多いと思います。
ですが当時はお店のスタッフさんがかなり口すっぱく依頼してやっとひとつ投稿してくれる子がいるかという感じで、なかなか投稿が伸びないなんてことご経験あるかと思います。
現在も同じ悩みがあるなんてこともあるでしょう

そんななか、面倒なコンテンツを一生懸命やってくれる子って売上ありませんか
例外もあるとは思いますが、依頼してもなかなか投稿してくれない子、いつも同じ記事しか挙げない子などと比べると
しっかりと記事の内容、写真の内容を変えて投稿してくれる子は売上があると思います。
ビジュアルやスタイルがある子が売れるのは当たり前ですが、そうでもない子が売れる要素って、こういうところに差があるじゃないかと思っています。

最近では写メ日記は当たり前のコンテンツとなりましたが、
風俗革命のキャストアプリにもお客様とのチャットやお客様のメモ登録という機能があります。
プレイ終了後にお客様へメッセージを送り、次呼んでくれた時のためにお客様のことをメモしておく機能です。

この機能をしっかり使ってくれる子は実はお店にとってとても重要な女の子です。
リピートを獲得するために努力してくれている子という指標になると思います。
事実、多くのお店さんの中でこの機能をふんだんに使ってくれている女の子は売上がいいというデータもあるようです。

キャストアプリがそんな指標に使えるというのは、副産物ではありましたが貴重なご意見をいただきました。

キャストさんのやる気の確認、フォローアップの一つの指標にぜひご活用くださいませ

従業員の負担を軽減する風俗革命の機能(Webページ管理編)

CMSCTIを導入するのは勿論業務を"効率化"するためでもありますが、具体的にはどの様な業務が効率化出来るのでしょうか。
今回はWebページ管理機能の一部に絞ってお伝えします。

通常お店のWebページ管理では、キャストの並び替えやランキング・バナーの登録、ニュースやイベントの投稿といったものが必要です。
売り出したいキャストをTopに表示したり、ランキングの順位を毎週毎月入れ替えたり、ポータルサイトや系列店のバナーを貼ったり剥がしたり、お店のニュースやイベント情報を定期的に書いて投稿したり...。一口にWebページ管理などと言ってもやらなければならない事は多岐に渡り、その上それを怠れば「稼働していない店舗かも」などと思われ集客機会を逃してしまう。
ただでさえ面倒なWebページ管理をしながら電話対応や接客、果てはキャストの管理までしなければならないとなれば、特に少人数で運営しなければならない店舗では従業員の負担は増す一方です。

風俗革命ではそんな多忙な従業員の方々の業務を少しでも軽減出来る様、Webページ管理業務においても効率化が図られています。

例えばキャストの並び替え。
革命では、サイトの構成によりその日のスケジュール順は当然、「イチオシ」順や「即ヒメ」機能を利用すればその時間順に出来たり、キャストに設定された年齢や身長・カップといった項目による並べ替えも自動化する事が出来ます。
事前に特定のページで「イチオシのキャストを表示したい」といった場合や、「キャストの年齢やカップ順で表示させたい」「入店日が新しい新人から上位に表示させたい」といったケースにも柔軟に対応可能で、それらを最初に決めておけば管理画面から毎日更新作業を行う必要もありません。

お店の最新情報やイベント記事の投稿・管理においても、風俗革命にはカテゴリ機能に加え投稿日時を指定して公開を自動化したり、ボタン一つで簡単に記事を複製することも可能です。
時限性のイベントであれば期間を指定する事でその期間だけイベント記事を表示することも可能で、これを応用してイベント期間内だけのサイト内ページを作る、という使い方も出来ます。
これらを事前に公開順に登録しておくだけでその日のニュース・イベント記事公開の手間を省く事が出来、「記事は書いたが忙しくて公開するのを忘れていた」という事もありません。

風俗革命が提供するこれらの機能によりWebページ管理業務も大幅に効率化され、従業員の負担を軽減する事が可能です。お店の運用方法や使い方によっては、一部の管理業務についてもう少し踏み込んだ「半自動化」を達成する事も出来る可能性があります。

この時期は飲食店などの多くのサービス業同様、風俗産業に取っても繁忙期でしょう。しかしお店が忙しいからといって、従業員が大切な人と過ごす時間を無制限に削られる事があってはなりません。
世間様がお休みを満喫するこの時期に「クリスマスにも長時間働いている事を自慢する」様な目に遭わない為にも、是非風俗革命を導入して業務を効率化し、1分1秒でも大切な人との時間を増やしましょう。

風俗業界の物価高騰

昨今いろんな影響で物価の高騰が続いていますね。
政治的な話はあたくしには疎く遠い世界の話。ですがやはりあたくしの寂しい懐事情にはツライ時代です。

そんな中最近感じていることがあるんです。
風俗業界をはじめ”女遊び”も物価高騰していませんか??

風俗店や水商売などのお店が値上げをしているケースは当然多いのですが、これはまぁ理解もできます。
苦しいけどもこればかりは仕方ないと・・・・

あたくしが嘆きたいのは
たとえばちょっと小ズルい女の子のオプション交渉にしたって、パパ活女子にしたって物価高騰を感じるところです。
今までパパ活の相場も・・・裏オプも・・・値上がりしていると思う場面によく遭遇します。
さらにただ値段が上がっているケースもさることながら、費用対クオリティも崩れてしまっているような気がしてなりません。
ポテチの量が少なくなった話ではありません。3万円払うとお目に掛かれたであろう平均値がさがっているような・・・

なぜこんな話をしたのかというと、こんな嘆きをつぶやいたかと申しますと
みなさん!lこれはあたくしからの警告です。

非正規ルートのほうが結局高くつきます!
ぼったくりバーもそう。
素人狙いとパパ活を始めるもそう。
お店に行って裏引きをするもそう。
これらすべては実は全然高くつきますよー!お恥ずかしながらの経験者は語るです

どうせ素人なんていないし、裏引きしたってお店には働き続けます。
追いかければ逃げていくだけだし、吹っ掛けられてじゃんじゃんお金が出ていくだけです。

だからこそ
ちゃんとお店に行き、正しく遊び
気にいた子がいるならしっかり通って遊んで、
女の子に気に入られるというきれいな遊び方をする

これができる人こそこんな世知辛い時代を乗り越えていけるのですw

正しく健全に遊ぶ人がいい思いをするそんな世の中がいいですね
みんなで物価高騰に耐えてあそびましょう!
あたくしはがんばるぞーw

BACK TO TOP